工夫の正月飾り

今年はコロナウイルスの影響でお財布がきつい中、迷った結果、鏡餅は丸もちに変更し、正月飾りは印刷物で済ませてしまいました。節約のつもりがむしろ、手間暇をかけたこちらの方が、精神的に正月らしくなったので記事として公開することにしました。

後から気づいたのですが「武士の家計簿」だったかな、映画のシーンに晴れの結婚式で尾頭付きの鯛を準備できなくて、絵の鯛で代用したというエピソードをおもいだしました。

餅代に腐心した今年

今年は本当にスーパーで鏡餅の値段を見るたびに、躊躇してしまいました。そして、迷っているうちに27日なってしまいました。

スーパーで見つけた一番安い鏡餅が、税抜き158円だったのです。98円の充填鏡餅もあるのですが、そちらはやめました。なぜなら、鏡開きの時に量が多い上に味がいまいちだからです。やっぱりおいしい方が良い。それに、自分が食べておいしくないお餅を神様にお供えするのも気がひけます。

ところで、鏡開きの時に割ったお餅をお汁粉で食べるのは僕の住んでいる地方だけなのだろうか?

鏡餅が高いので作ってしまおうと1kgで898円の餅米を買ってきて、パン焼き器の餅つき機能で準備することも考えましたが問題があります。一回も餅つき機能を使ったことがないのです。そして、おいしいのかなぁという疑問と共に、鏡餅の形にする自信がありませんでした。

なにより心配なのが、昔と違って裸のお餅はカビの心配があります。

だからこそ、だいぶ前からパックされた鏡餅をお供えしてきました。今年は、それが厳しい。

こんな年こそ健康第一で厄払いをしたいし、29日の二重に苦しむなんて縁起が悪そうな日に飾りたくないと思い、いろいろ考えを巡らした結果、印刷して飾りを用意して、28日に飾り付けることにしました。

その計画は、玄関のしめ飾りだけ購入し、鏡餅は丸もちで代用するだったのですが、調べていくうちに鏡餅は二重の丸もちで円満のような意味があることを知り、予備がなくなってしまいました。

トイレや浴室と廊下など足りない分は写真で代用することにしました。といってもこれに気づいたのは、だいぶ後のことだったりします。

鏡餅のコスト

我が家には洗面所やお風呂場やトイレも入れると8部屋あり、例年通りすべての部屋に鏡餅をお供えすると。。。。合計で税込み1,365円になってしまいます。

といっても、小部屋を含めた5部屋は289円の飾り付き鏡餅を予定していたので、全部で税込み2,072円になります。去年は気にならなかったんだけどなぁ。

書いてみて気がついたけど、それほど高い買い物ではない気がしてきました。しかし、スーパーでの感覚は違いました。158円の鏡餅は66gしかないのです。となりに陳列された切り餅は1kgで648円。8個で528gとなると、約3倍もグラム単価が高いのです。。。コスパ最悪です。

大阪から来ていた人から聞いたのですが、関西方面では四角い切り餅より、丸餅の方が一般的らしく、うちの地区は四角い切り餅が一般的で陳列された種類が少ないのです。

そんな中、1つだけ330gで450円の10個入りの33gづつ個別梱包がされた丸餅を見つけました。それを今年は、鏡餅の代わりに使うことにしました。買ったときには結構節約した気になっていました。

以前大晦日に慌てて鏡餅を買いに行った年のことです。300円代の鏡餅が売り切れていて800円以上の大きい物しか残っていなかったのです。しぶしぶ1つだけ買って残りを、たまたま売っていたサトウの丸もち1kgで、代用しました。

その結末は、怪我の功名ではないけど、鏡開きの時に普通の鏡餅よりおいしかったのです。一つだけ買った800円の鏡餅と中身がほぼ同じだったので、今回は速攻で選ぶことができました。

近年は充填式より鏡餅のケースの中に丸もちや切り餅が入っている物もあります。

正月用のお餅の調達について

今年のお餅は、元旦の分だけお米屋さんのお持ちで後は、特売で買ったサトウの切り餅にしてしまう予定です。なんて言ったって、1kgで648円。うはぁ~~さすが大安特別セール価格♪

個人的にサトウの切り餅は、煮ても崩れないし、お米屋さんのお持ちと比べるとつぶつぶ感などに違いがあるけど、おいしいので気に入っているのです。それにしても、驚きの賞味期限が2022年10月までとある。すごいなぁ。

ちなみにお米屋さんの切り餅は、冷凍庫と冷蔵庫で保管しないと、3日でカビが発生して、仮にお供え物として飾ったとすると鏡開きの時には、カビだらけで食べられないし、カチカチで割るのも大変そうと感じます。

鏡開きは割るのが本式で伝統的なのですが、昨今の住宅事情ではカビの方が心配です。

サトウの切り餅と丸もち

それにしても、賞味期限が2022年の6月とか10月までってすごい。てっきりお店で選んでいるときに、来年が2022年だと勘違いしてしまいました。2021年飛ばし?

ちなみに、記事を書くために調べたのですが、サトウの切り餅はAmazonでも買えるらしく、値段はかなり変動するらしく近所のスーパーより高いときと、安いときがあることを知りました。

今回使った丸もちは、サトウの丸餅 つきたてシングルパック 1kg(スーパー価格756円前後)ではなく、うさぎもち 一切れパック 丸もち 330g(スーパー価格486円)でした。2020年12月30日時点で、どちらも1000円近く、丸もちに限っては、一時的に在庫切れになっています。ギリギリになると売り切れるようです。

スーパーへ探しに行く前に関西地方以外ではなかなか見ることが少ない丸もちを、ネットで買えるかなと検索したときには出てこなかったのに、見つかるときには見つかる物ですね。

ここまでは、準備が必要な買い出しで、次は、正月飾りを見ていきます。スーパーでもお手頃な飾りもあるのでその価格感を確認しておくのも良いかもしれません。

正月飾りを印刷で済ませる

鏡餅は丸餅を2段に重ねて円満のような意味があるらしく、最初は丸餅を一つだけ備えるつもりだったけど、居室の5セットで、3セット足りなくなったのでした。

トイレの神様など、やはり何かをお供えしないと気が済まないと、お風呂に入りながら、丸餅の台紙に四方紅(しほうべに)を作ろうと考えていたら、良いアイディアが。

そうだ、正月飾りを印刷をしてしまおう。ということで、イラストACで探してみたのですが、なかなか気に入った物がなく、写真ACで、良さそうな写真を何個か見つけて印刷してしまいました。(記事のトップ写真にある印刷物に使った素材のリンクです)

写真ACの素材

使った写真のリンクをのせておきます。写真ACでは色々な素材がありますが、そのままWordに貼り付けてA4に印刷するのに便利だと選んだリンクをのせておきます。

注意:印刷目的なのでダウンロードサイズは「LARGEサイズ」を選択してください。無料会員はダウンロードが9回までという制限は、サイズ違いでもカウントされると利用規約にありました。

写真ACについて

写真ACは、商用利用可能なロイヤリティフリーの素材サイトで、決して怪しいサイトではありませんがダウンロードには無料会員になる必要があります。月額千円以上の制限がない有料会員サービスが提供されていますが、無料会員は一日に検索5回とダウンロード9回までの制限がありさらに、1枚ごとに15秒間の待ち時間があります。良い点は、無料会員も有料会員も利用条件が同じ為、無料会員としてダウンロードした画像を、お店のポップなどでも安心して利用することができます。

Wordに貼り付けて印刷して。。。。明日に備えたのでした。正月飾りは28日がお勧めで、29日は二重に苦しむなんていういやな読み方ができるので控える必要があるらしいです。30日は控え日で、31日はギリギリすぎて良くないとか。

いろいろあるんだなぁと思いながら、準備万端。

実際に飾り付けしました

28日本日、飾り付けが完了しました。手探りなので、最初に貼り付けたときには、どうも正月飾りが幽霊のようにフワフワしていたので、急遽板の台を印刷して用意しました。

左:幽霊のようだったので、右のように台をつけた
昼間の状態

今は昼なので透けてしまっています。写真だと少し微妙な感じがしますが、見た目はステンドガラスの用に綺麗に見えて悪くないと思いました。メンディングテープが目立つため、クリアテープにしたら良かったかなと思いつつ、今年はこれで行こうかなともいます。

夜の正月飾りの状態
日が落ちた後の状態

印刷用に木の板PDFに使った物を置いておきますご自由にお使いください。2段目と3段目は木目で合わせて長い板にすることができます。

扉に貼り付けた正月しめ飾り

扉にも正月しめ飾りを貼り付けました。

今回は、ガラスに貼り付けてしまいましたが、紙に厚紙をつけたり、後ろに画鋲などをテープで貼り付けて白い壁などに飾り付けると、透け感もなくもっと良さそうです。

どちらかというと、このやり方は、お店の飾り付けに良さそうな気がしました。

鏡餅を丸餅で代用してみた

こんどは、鏡餅の方です。まずは、完成形です。

丸もちをつかった鏡餅。四方紅付き

見た目駄目かなぁなんて思いつつ、これを手作りした当たりで、愛着はバッチリわいています。

丸もちを使った鏡餅の作り方

330gの丸もちで5セットの鏡餅ができた。

330gの丸もちで、5セットの鏡餅ができました。写真に写っているのは、うさぎもち 一切れパック 丸もち 330gで、Amazonでも販売されていました。他にサトウの丸もち400gなどありました。12月30日時点で一時的に売り切れや1000円近くに高騰していました。早めの準備が良さそうです。

丸もちの表と裏と寸法
左:表面、実測サイズ約5cm 右:裏面は平らです。

今回の丸もちは直径が約5cmでした。メーカーが違っても切り餅のサイズがほぼ一緒なので、関西での丸もちのサイズは共通かもしれません。違うサイズの物があったら、2段で更に鏡餅っぽくできるかもと期待してしまいました。

外装の耳がちょっと気になるので、折り曲げてセロテープで留めました。本当は角を取り8角形の用にしたかったのですが、袋の中の空気で膨らんでしまったので四角にしました。

右:テープで両面粘着を作り、右:重ねた。
左:テープで両面粘着を作り、右:二つに重ねた

鏡餅を飾りながら崩れると、なんとなく縁起が悪そうなので、今回は、セロテープを丸めて粘着面にしました。

あとは、四方紅という台座ですが、スーパーには鏡餅の近くにご自由にお取りくださいであるのですが、今回はプリントしました。

書籍「日本の美しい色と言葉」

「日本の美しい色と言葉」という色見本の本から、縁起の良さそうな、紅緋(べにひ)という色をチョイスしました。

ご自身で印刷される場合は、色コード(C0,M90,B40)(R232 G56 B40)(E73828)です。今回の丸もちジャストサイズの9cm四方の四方紅PDF(A4)を用意しました。ご自由にお使いください。

A4の四方紅PDFの上にのせてみた

A4用紙へ印刷すると6枚の四方紅を切り出すことができます。

なんとなく、作りながら、手作りしていると、今までは鏡餅を買っていたことの方が、違っていたのではないかなと言う気がしてきたのです。

形は悪いかもしれませんが、一つ一つ自分の手で工夫しながら作っていると、お正月という気分と共に、来年もコツコツやっていこうという気持ちがわいてきました。

まとめ

やっぱり、お米を神様にお供えしたり、飾り付けをして少しでも大切にするという気持ちが大切なのだと思います。だから、印刷だって大丈夫だと思うのでした。

僕自身は、印刷で大満足です。まぁ僕の宗教観だから人それぞれだとは思います。

ワードで貼り付けてコンビニで印刷もできるし、良い年を気持ちよく迎えると良いなぁと思います。

ちょっと今年は大変だなぁ、でもなんとか、良い年を迎えたら良いなぁと悩んでいる方の、参考になればと思い記事を書きました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。良いお年を。

ブログ記事紹介

鏡餅のその後についてブログ記事を「丸もちで代用した鏡開きのぜんざい」で公開しました。

この記事は、ブログとして「今年は徹底的に節約。鏡餅はまる餅、正月飾りを印刷に(素材リンク付き)」にて公開していたのですが、改定を重ねるたびに一つの記事になってしまったのでこちらに再編集して掲載いたしました。