圧縮率対決 B's動画レコーダー9Pro VS 動画圧縮のプロ

こんにちは、今回は、B’s動画レコーダー9 Pro版に着いている、動画の圧縮機能と、単機能ソフトの動画圧縮のプロと比較してみることにしました。

2023年11月7日にB’s動画レコーダー10が発売されました。新登場の10では9までのPro版相当の機能が搭載され、無印版とバリュープランだけになりました。

この記事は、検証記事から派生した記事です。圧縮品質や対応動画については【徹底検証】セールが買い時の「動画圧縮のプロ」の方がマニアックです。

B’s動画レコーダー9Pro VS 動画圧縮のプロ

動画圧縮のプロの圧縮検証動画を撮影した、B’s動画レコーダー9の、動画サイズの圧縮機能と「動画圧縮のプロ」の圧縮率の比較をしてみようと思います。

B’s動画レコーダー9 Proには「動画の見た目はそのままに、容量を圧縮」と商品ページで紹介されている、無印晩に入っていない、サイズの圧縮機能がついています。

機能を使うには、メニュー画面にある「動画編集ボタン」をおします。「保存フォルダを開く」は、ファイルの場所がWindowsのエクスプローラ開かれます。

B's動画レコーダー9メニュー画面

「動画編集」ボタンを押すと、今まで録画した動画や録音の一覧が表示されます。

圧縮機能を利用するには、動画を右クリックして、「サイズの圧縮」を押します。これは、B’s動画レコーダー9 Pro版専用の機能で、無印版には入っていません。

B's動画レコーダー9のサイズ圧縮機能

さらに、HEVC(H.265)へ変換する機能もあります。

今回は、両方の圧縮率を確認してみました。

オリジナルが、B’s動画レコーダーで撮影したキャプチャー動画で23.2MBになり、「サイズの圧縮」では20.4MB、「HEVCに変換」ではオリジナルより30.5MBと大きくなっています。

では、B’s動画レコーダー9と動画圧縮のプロの圧縮比較をしてみます。

B's動画レコーダー9と動画圧縮のプロの圧縮性能を比較した

微妙に、20.4MBに対して19.6MBと微妙に動画圧縮のプロの方が、圧縮率が高くなっています。

意外と、B’s動画レコーダー9はH264形式で取り込んだままでも、サイズが小さいので、良い感じがします。

圧縮品質のサンプル

動画圧縮のプロでの圧縮ですが、動画の圧縮品質についてのサンプル動画を用意しました。

B’s動画レコーダー9 Proも動画圧縮のプロも、商品ページにはできそうに紹介されていますが、4K動画の圧縮をするとエラーが出ます。

4Kに関してマニアックな検証記事:【徹底検証】セールが買い時の「動画圧縮のプロ」

こちらの動画は、4K編集した素材を、4Kから15%縮尺した、3264×1834サイズの動画を動画圧縮のプロにて圧縮し、動画配信サイトのvimeoにアップロードしています。

ファイルサイズは227.06MBが52.97MBになり76.67%の圧縮に成功しています。

ちなみに圧縮した、この動画を、MP4(H265)で再エンコードすると、サイズは200MB近くに膨れ上がります。

ぱっと見ですが、B’s動画レコーダー9 Proのサイズの圧縮で出力される動画も同等品質です。

B’s動画レコーダーでの注意点

H264形式より圧縮率が高い、動画コーデックのHEVC(H.265)で録画した動画は、B’s動画レコーダー9 Pro版の、「サイズの圧縮」機能は利用することができないことになっています。

あと、MP4形式以外の動画も圧縮できません。

B’s動画レコーダーの安定性

B’s動画レコーダーは、画面を録画するソフトです。圧縮機能がいくら優れていても、肝心の画面収録がエラーだらけでは使い物になりません。

安定性について紹介していきます。

独自動画圧縮アルゴリズムを搭載した、動画圧縮のプロでは、GPU支援機能を使わずに、CPUパワーで動画を圧縮していきます。

上のように、稼働中はCPUがフル稼働する一方で、graphic cardのVideo DecoderもEncoderも稼働していません。上の図の中で、動いているEncoderはB’s動画レコーダー9が利用しています。

B's動画レコーダー9の稼働率がわかるタスクマネージャー

B’s動画レコーダー9は、メモリーを287MB程度消費していますが、CPU稼働率は0.7%とほとんど使っていません。ちなみにこの圧縮動画の収録は、1時間以上続きましたが、エラーなく録画が完了しました。

▲目次にもどる▲

動画圧縮のプロは、連続圧縮にメリットあり

B’s動画レコーダー9 Proの「サイズの圧縮」機能より、動画圧縮のプロの圧縮率の方が微妙に高いことがわかったので、ここからは、圧縮率から離れていきます。

B’s動画レコーダー9は、1つ終わると止まる

B’s動画レコーダー9の圧縮機能は、メインの機能ではなく、あくまで無印版との差別化のためについているようなおまけ機能です。

B's動画レコーダー9のサイズ圧縮機能

B’s動画レコーダー9の圧縮機能は、ファイルを選択して圧縮をするため、複数を同時に圧縮することができません。

B's動画レコーダー9のサイズ圧縮中画面
B's動画レコーダー9 Proのサイズ圧縮完了確認のポップアップ

外から観察した限りでは、B’s動画レコーダー9 Proのサイズの圧縮機能は、動画圧縮のプロとおなじエンジンを搭載しているように見えます。

CPUパワーにもよりますが、1時間程度の録画では結構な時間がかかり、多数の動画を圧縮するにはむいていません。

動画圧縮のプロはリストの動画を連続で圧縮できる

動画圧縮のプロは、動画圧縮しかできないソフトです。つまり、専用ソフトです。

圧縮率の設定は、「最高画質」「高画質」「やや高画質」3つだけです。

動画圧縮のプロのメニュー画面

ボタンも3つ画質設定用のボタンと、「圧縮する」ボタンと対になる「キャンセル」ボタン。リストをクリアする「他のファイルを圧縮する」ボタンと、圧縮完了後に表示される「フォルダを開く」ボタンだけです。

リストへは、ドロップアンドドロップで、エリアに入れるだけです。

「圧縮する」ボタンを押した後は、ひたすら動き続け

動画圧縮のプロ圧縮完了確認

リスト内の動画を全部処理すると、「圧縮が完了しました」と確認ボタンが出て終わります。

動画キャプチャーや、定点カメラの映像などの圧縮に便利だとおもいます。

▲目次にもどる▲

動画圧縮のプロはYouTubeに向いている

ふと思ったのですが、動画圧縮のプロは、YouTubeで動画を公開している人に向いているような気がしました。

YouTubeなどを見ていると、非常に細かく動画を切っています。動画内のサムネルなど細かな動画が多いです。

動画を撮影するカメラは、4Kが多いと思いますが、すべての動画をオリジナルで保管しておくよりも、4K動画をちょっぴり縮小して、動画圧縮のProで、圧縮しておけば、HD画質編集への素材として十分使えると思いました。

細々した動画が多い、ユーチューバーには、容量節約の意味でも良いのではないかと思いました。

▲目次にもどる▲

セールや割引情報

B’s動画レコーダーシリーズ動画圧縮のプロのセール情報について書いておきます。

最新のセール情報です。2023年8月にリニューアルされた、ソースネクストの販売サイトでは、以前のような特設拙サイトはなくなり、ログイン状態で会員が一番安い価格を表示するように変わりました。

クーポン券も、配布サイトや販売ページを探さなくても、自動的に配布され注文画面で選ぶことできるようになりました。

ここでの表示価格は、無料会員登録をした状態の価格で、過去バージョンや関連ソフトを持っている方はもっとお得な値段で表示されます。

セール価格の履歴は、ホビー三昧Dがセールに気づいたときに更新している価格です。毎日じゃんじゃん宝くじで割引購入権が当選したときの参考にどうぞ。

B’s動画レコーダー9シリーズの割引情報

パソコンから出力された画面を動画ファイルとして録画する「B’s動画レコーダー9」のスタンダード版がセールにより3,980円から3,480円になっています。

【最新情報2023年11月1日時点】バリュープラン加入者に向けて最大限の注意!!

10月31日に、バリュープラン加入者に向けて、「B’s 動画レコーダー自動バージョンアップ・サービス」の引き落としが11月7日から8日の間で行われると案内がありました。

前回980円で自動更新された方も、1,980円での引き落としとなります。

契約時に、次回以降980円で更新というバリュープラン案内を確認してから購入した方は、案内のイメージ図とともに文字通り永続的に980円で続くと考えて購入した可能性が極めて高いとおもいます。

クレジット決済明細から、あれっ?この1,980円って何?となる可能性が、極めて高いため、他社を含めて広告メールに埋もれている方もおられると思いますが、10月31日前後に送られていますので、メール案内の確認を強くお薦めします。

なお、解約手続きの完了画面で、「すでに自動継続済みの料金をキャンセルする場合は、別途「安心サービス」をご利用ください。」と案内がありました。救済はあるかと思います。

B’s 動画レコーダー自動バージョンアップ・サービス」の解除は、11月6日(月)までに、ソースネクストのマイページの製品名から可能です。

メール案内にあった、最新版「B’s 動画レコーダー」の特長
・YouTube録画専用ブラウザを搭載
・CMカット機能を搭載
・自動で録画開始&停止
・予約録画機能を搭載
          【情報元:契約中の購入者へ送られて案内メール】

最大限の注意!!B’s動画レコーダー10登場は11月7日直前です。

11月1日時点でVer9となっていますが、11月7日から8日の間にB’s動画レコーダーVer10が発売されます。
切り替わってからの購入を強くおすすめします。

ソースネクストでは、新商品の発売前後の期間に旧商品を購入した方への救済的な無償アップグレードは今まで一度も行ったことがありません。

ソースネクストでは古いバージョンと新しいバージョンの同時販売はないため、発売開始と同時に、B’s動画レコーダー9の販売ページがB’s動画レコーダー10に切り替わります。

9月19日時点で9の価格が改定されているため11月1日に10に切り替わっても、価格は変わらないことが予想されます。緊急でない場合は10に切り替わるまで待ってみることを強くおすすめします。

プロ版は5,380円から割引で3,980円で販売されています。次回Ver.10以降1,980円で自動更新されるバリュープラン版B’s動画レコーダー9 Pro版は4,980円から割引では3,480円になっています。

今年になり新規バリュープランの自動更新価格がいくつかのソフトで上昇しています。どうやらバリュープランは加入時点の次回以降の価格で固定されるようです

B’s動画レコーダー Proバリュープランについて、「B’s 動画レコーダー自動バージョンアップ・サービス」の案内がありました。11月7日(火)から11月8日(水)までに、1,980円の引き落としが登録されているクレジットカードから引き落としがあると、案内がありました。

バリュープランの解約は購入後のマイページに表示されている次回予定日までならいつでも簡単にできます(再加入は新規でバリュープラン版の購入が必要になります)。

Ver9のプロ版には通常版に加えて「動画圧縮のプロ」とほとんど同じに見えるエンジンによる動画の圧縮機能が内蔵されています。圧縮はMP4(H.264)のみの対応になっています。

動画圧縮のプロ自体がH.265/HEVCと4k動画に完全対応していないため、4Kのフルスクリーン録画では圧縮が使えません。

4k対応として次期「動画圧縮のプロ2」が発売後に、10が出れば、圧縮機能がバージョンアップしそうな気がします。

動画レコーダー6の頃はホントに不安定でしたが、9は安定しています。きっと最新版のCPUやGPUに内蔵されたハード支援機能対応やWindows11の改善などにより安定性が増しているのだと思います。

過去に気がついた「B’s動画レコーダー9」セール履歴

過去に気がついた、B’s動画レコーダー9のセール情報の記録です。次回Ver.10以降のB’s動画レコーダー9Pro バリュープランの価格表示は2023年9月19日時点で1,980円になっています。

  • 2023年9月19日(火)から10月1日(日)まで:9無印版が3,480円、9Pro版が3,980円、9Proバリュープラン版が3,480円
  • 2023年9月19日(火)価格改定:9無印版3,980円、9Pro版5,380円、9Proバリュープラン版4,980円(9の価格改定ですが10の価格の前倒し表示だと思われます)
  • 2023年9月19日(火):バリュープラン次回以降の自動更新価格が980円から1,980円に値上がり
  • 2023年5月21日(日)まで:9無印版が2,900円、9Pro版が3,900円、9Proバリュープラン版が3,400円

「動画圧縮のプロ」割引販売は2月10日(土)まで

通常価格21,780円(税込)の「動画圧縮のプロ」が、2月10日(土)まで72%OFFの5,980円(税込)で購入することが可能です。

過去割引セール価格の推移

  • 2024年2月3日(土)から2024年2月10日(土)まで:割引価格は72%OFFの5980円
  • 2023年10月24日(火)から10月26日(木)まで:割引価格は77%OFFの4,980円
  • 2023年9月19日(火)から9月26日(火)まで:割引価格は5,980円(ポイント10倍対象で598ポイント付き)
  • 2023年9月1日(金)まで:割引価格は5,980円
  • 2023年8月20日(日)まで:セール価格3,980円+すぐ使える1,000円引きクーポン対象により2,980円
  • 2023年7月24日(月)まで:セール価格の5,980円(税込)+2,000円引きクーポン適用により3,980円
  • 2023年6月30日(金)まで:過去最安値割引2,480円(1日限定?)
  • 2023年4月18日(火)まで:キャンペー割引
  • 2023年3月26日(日)まで:割引価格は4980円
  • 2023年2月25日(土)まで:割引価格+2,000円OFF
  • 2023年1月31日(火)まで:割引販売
  • 2022年12月31日(土)まで:72%OFF 5980円