FF7R クラウド専属カメラマンのスナップショット

どうも、クラウド専属カメラマンの初日写真公開します。先日配信がスタートしたPC版のFINAL FANTASY VII REMAKEから、スナップショットをちょこちょこ公開していこうシリーズの初めです。

世界観の設定として、クラウド専属のカメラマンと言う事にしておきます。名前?そんな物はありません。クラウド専属のカメラマンです。

初日のお仕事

どうも、今回はデスクが、スナップショットに対してつまねぇー、なんとかならないのか。。。と、けちょんけちょんに文句を言っていますが、クラウド専属カメラマンとして初めてのお仕事だったので、写真をそのまま公開することにしました。

新羅カンパニー本社ビル
神羅カンパニー本社ビル(弊社報道ヘリから携帯端末内蔵カメラより)

実は、専属カメラマンと言いつつ、今日が初仕事なのです。カメラの使い方も分からず、急遽、クラウドって奴が、星の運命を決めるらしい、ついて行けと、無茶振りでついて行くことになりました。

本日初日、クラウドさんに付いてきます。この人リーダーのバレットさんです

今回、クラウドさんが雇われた、バレットさんです。この男の詳しい事は分かりません。とりあえず、行くぞ新入り!!といわれて、「えっ?私」って思ってしまいましたが、クラウドさんに話しかけてました。

クラウドさん
クラウドさん

この人が、クラウドさんです。綺麗なグリーンの瞳と黄色い髪に大きな大剣を背負ってます。

ソルジャーのクラウドさんは早速戦闘です。

デスクが、「この人色々危ないけど、頑張ってね」と、話していた理由が分かりました。いきなり、神羅カンパニーの警備兵に銃を向けられてしまいました。

クラウドさんは、守ってくれません。さすが、クールです。

親切に戦い方を教えてくれます

おっと、いきなり、クラウドの基本操作なんて講座が始まりました。

初日なので、クラウドさんの戦いを、写真に収めることができませんでした。とにかく、私は逃げまくるしか無かったのです。

デスクーーー。危険すぎます。新人の私を送ったのは捨て駒だからですか。。。プレスのワッペンも付けてるのに。。。。神羅の警備兵が撃ってきましたよー。

ホントに新羅カンパニーサイドにも連絡が入っている有効なプレスカードなんですか???マテリアルの欠片と微弱魔晄から識別信号の代わりになってるなんて嘘ですよね?支給するといったミスティール早く届けてー

倒しました。やっぱりきらめいて消えてしまいます

戦闘を見たのは初めてで、クラウドさんがバッサバッサと切りつけた後に、警備兵さんは、ひかりの粒になって消えてしまいました。

連写でガンガン取ったのですが全てピンボケ写真ばかりですが、なんとか残光を一枚写真に収めることができました。

この光は一体何なんでしょう。とりあえず神羅カンパニー最新式の通信端末で調べようとしたら、デスクからのメッセージが入っていました。

デスク:「調べてはだめだ、感じろ!!」

何のコッター。

また戦闘です。

ボーとクラウドさんについて行ったら、また戦闘が始まりました。ATBゲージって何の事でしょう?まぁ、カメラマンの私には関係が無いことです。

駅での戦い

今回は写真をバシッと撮ってしまいました。ピントが後ろの壁に合ってしまってます。。。???、でも、手前のSECTOR5の電光掲示板にもピントが合ってる。

さすが、最新式ですね。デスクありがとう。

駅です。。。

うっすらとした駅です。

まだ、早い時間帯なんですね。

クラウドさん、帰りの電車を気にしているのでしょうか、電光掲示板を確認しています。この後、20分程度ゆっくりと広告などを確認していました。

それにしても、人の気配がない駅です。何か嫌な予感がします。

今日の一枚

駅までクラウドさんとの取材同行時に見送りに来てくれていた、憧れの先輩カメラマンさんがこっそり取ってくれた差し入れ写真を掲載します。

今日のワンショット壱番魔晄炉
今日のワンショット壱番魔晄炉

さすがデスクより優しい。次こそ、ちゃんとした写真を撮るぞ。。。と、今日はここまでです。

次回:FF7R ゴミ箱を宝箱と勘違い Vol.002

FINAL FANTASY VII REMAKE関連記事

プレイに必要な関連情報

FF7 25周年イベントでSteam版の発表と同時に、まさかのPS5版での第2部『FINAL FANTASY VII REBIRTH』が来冬発売予定であることと、シリーズが3部作で完結することまで発表されました。

このことについては、購入直前にFINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADE on Steamの記事を書き紹介しました。

PS4から2年後に発売されたSteam版よりもPS5を買って、第2部に備えた方が良かったかなとも思えます。

でも現時点でPS5は、まだ普通に日本市場に流通されておらず、直営のソニーストアですら抽選受付が停止している状態です。

Amazon販売リンク

ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード -PS5
PS5版となったファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード版は、ライティングや質感、背景などの表現力が向上したそうです。ユフィを主人公とした新規エピソード(DLC)が追加されています。
続編となる第2部の『FINAL FANTASY VII REBIRTH』はPS5版での発売になります。
PS4版からは、100円でPS5版にアップグレードでき、セーブデータも引き継げるそうです。

PlayStation 5 (CFI-1100A01)
現時点で普通にPS5を購入することができません。購入は招待された方だけが購入できるという形になっていて、Amazonにログインした状態で招待リクエストをする事で、抽選なのかリクエスト順なのか分かりませんが「12か月間有効の招待状」を手に入る仕組みになっていました。販売店がAmazon.co.jpによるリクエストであれば詐欺の心配はありませんが、手に入らないとみた方が良さそうです。以前ヨドバシカメラの抽選申し込みにチャレンジしたのですが、申し込みページがダウンしました。

【純正品】DualSense ワイヤレスコントローラー ミッドナイト ブラック (CFI-ZCT1J01)【Amazon.co.jp特典】PS5用コントローラー充電ケーブル3m
Steamの公式サイトにて、PC版でもPS4とPS5の純正コントローラーが利用できると発表がありました。白は売り切れていますが色にこだわらなければ、正規流通品のAmazon.co.jp販売のSONY純正PS5コントローラーが買うことができます。無線接続には別途汎用Bluetoothアダプタも必要です。

Steam版関連情報

PC版はSteamから購入することができます。売り切れの心配はありませんが、高スペックなPCが必要です。配信記念とその直後のサマーセールでは29%OFFの7,013円で配信され、2022年9月14日から28日のSQUARE TGSセールでも同額でした。
次は第二幕配信開始記念でのハンドル購入割引までセール価格は変わらないか、最大でも50%OFFまでのような気がします。

Steamのウィッシュリストに追加するとセールに早く気づくことができます。

Steamで配信されるPC版のFINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADEをPS4とPS5のコントローラーで遊ぶための方法が、Steam公式サイトのDualSense™ワイヤレスコントローラー及びワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)への対応についてで紹介されています。現在はPS5本体は買えないけど、コントローラーは買うことができます。